ブログ

斉藤浩のブログです。日々のことを少しずつ

ブログ一覧

S.V.P. / A.ピアソラ

image66


ヒロシンタでピアソラの「S.V.P.」。こういうのやってみたかったんだよね。この曲は初期の作品らしいですが、なんともカッコいい!!

2022年09月27日

音と食で楽しむ ゆるやかワールドシリーズ~ハンガリー~

【9月20日受付開始です。急いで!!】
茨木市クリエイトセンターでヒロシンタのライブが決定しました。入場無料ですが、昼の部、夜の部ともに限定30名です。ライブの後に、ハンガリー料理やハンガリーのお菓子が準備されています。そしてハンガリーの映像や、ハンガリーダンスの体験もあります。まさにハンガリーフェスティバル!!
今回は僕の大学時代の石原光世先輩がピアノで出演して下さることになりました。ヒロシンタ+ピアノ。面白いことやりまっせ!!
予約制なので、どうかお部屋目に予約してくださいね。
お昼15時からのカフェタイム公演、夜19時からのバータイム公演、各々30名ですので、是非お早めに!!
ハンガリーものはもちろん、ジャズやタンゴや日本の民謡もやりますよ!!お待ちしています。
ご予約は2022年9月20日10:00より
茨木市文化振興財団まで!!
どうか、お早めに!!
お会いできることを楽しみにしています!

2022年09月20日

ツィゴイネルワイゼンより

ツィンバロンの音を紹介するために、PV作りました。サラサーテのツィゴイネルワイゼンの中に出てくる、ハンガリーの古い民謡。本当のハンガリーのジプシースタイルで弾いているわけではないので、あくまでも楽器紹介のための演奏です。

2022年09月17日

移調 賛否両論

 

バッハのパルティータ3番のプレリュードD-Durに移調して弾いてみました。原調のE-Durよりもずっと弾きやすくなりました。移調して弾くことに賛否両論ありますが、移調することで弾ける曲もあるし…。

2022年09月05日

カラヤン広場のミュージサーカス

落合陽一×日本フィル プロジェクトVOL.6 《遍在する音楽会》

素晴らしいアーティスト達と共にした〈カラヤン広場のミュージサーカス〉。サントリーホール前のカラヤン広場はお祭り騒ぎの1時間でした。写真は本番前の楽屋にて。そして、本番、それはそれは楽しすぎた…😄、多国籍パフォーマンスが同時進行する…しかも、周りの環境音までが音楽として加わる…こんな、初めての体験、スゴすぎた。初めて目にする楽器ばかり。ツィンバロンを弾く僕の周りにもたくさんの人。弾いてる最中にも、初めてツィンバロンを目にする方々からの質問責めというハプニングもありながらも、最高、絶好調のミュージサーカスとなりました‼︎
その後、サントリーホール大ホールでの本公演でも、ミュージサーカス・アーティストひとりひとり、ご紹介いただきました。本公演は、ステージに何十ものプロジェクターが設置されていて、そこに映し出された映像が、演奏に反応しその姿を変え続け、聴覚だけでなく視覚にまで訴えかける…これからの時代をワクワクさせる、まさに、ちむどんどんの世界でした。本公演は写真NGだったので、この感動を写真でお伝えできないのが本当に残念。ホントにスゴかったんですよー。
本公演で世界初演された藤倉大さんの〈メディアアートとオーケストラのための『for null』〉。これもまたすばらしい作品でした。終曲のストラヴィンスキー『火の鳥』にいたっては、もう涙腺崩壊でした。アンコールのグリーグで昇天しました。
日フィルさんも、マエストロ海老原光くんも、そしてこの公演の演出・監修の落合陽一さんも、ホントにスゲェ〜と思いました。『今日は最良の一日』でした‼︎ 『これからの時代を創る人達』との出会いでした‼︎
落合陽一×日本フィル プロジェクトVOL.6 《遍在する音楽会》
2022年08月25日(木曜日)19時00分 サントリーホール
プレイベント<カラヤン広場のミュージサーカス>
出演者
アマルジャルガル・ドルギオン(馬頭琴・ホーミー)、巨大クロネコ、
斉藤 浩(ツィンバロン)、NPO法人日本インドネシア・バリ教育文化協会(JIBECA)(ガムラン)、中村華子(笙)、橋本晋哉(セルパン)、
マイケル ʻマニッシュʼ ロビンソン(スティールパン)、
街角マチコ(マトリョミン)

2022年08月25日
» 続きを読む