ブログ

斉藤浩のブログです。日々のことを少しずつ

ブログ一覧

松江市大庭公民館にて

能登半島地震 復興支援コンサート3日目は大庭(おおば)公民館。僕の大好きな神魂(かもす)神社のすぐそば。今日は小学生もたくさん来てくれて、『震災を考えるお話』にも、ちゃんと向き合って聞いてくれて、いろんな意見も発言してくれました。僕はホントに感動したよ。めちゃくちゃ感受性がするどい‼︎
大人の皆さんも大きく頷きながら聞いて下さり、今日もフィナーレは『花/滝廉太郎』の合唱。混声合唱団みずうみメンバーさん達がお手伝い下さり、ハモリも完璧で、なんとも華やかな雰囲気で終えることが出来ました。大庭公民館のスタッフの皆様にもたくさんお世話になりました。ありがとうございました。
今日の公演で¥36,106-の募金をお預かりしました。全額、義援金として、松江市を通じて被災地へお送りします。

2024年02月26日

松江市島根公民館にて

能登半島復興支援コンサート2日目は島根公民館。島根町は日本海に面していて、三陸地方の海沿いの景色によく似ています。そのこともあって、「津波と防潮堤」について詳しくお話しました。もし島根町の美しい海岸線が5メートルの高さの防潮堤でその景色を遮られたら…�。松江市は能登半島の珠洲市と姉妹都市で、島根町も津波の被害を受けた地域とよく似ているので、「津波」がどういうものかということを、自分の言葉でお伝えしたつもりです。
今日は雨風が強い中、お集まりいただき、頷きながら話を聞いて下さり、また微笑みながら演奏を聴いて下さり、ありがとうございました。今日も最後に皆さんで「花」を合唱。和やかな雰囲気で終えることができました。
そして¥19,500-の寄付をお預かりしました。全額、義援金として被災地に送ります。

2024年02月20日

松江市忌部公民館にて

能登半島地震 復興支援コンサート初日は忌部(いんべ)公民館でした。平日の午前中にもかかわらず、たくさんの方々にお越しいただきました。
震災についてしっかりお話しした後にミニコンサート。アンコールでは、混声合唱団みずうみさんのメンバーも加わっていただき、「花」を合唱し、和やかな雰囲気となりました。終演後、月一で開催される忌部公民館喫茶でフルーツサンドセットをいただきました。(美味しかった)
ありがとうございました。
今日は¥19,011-の寄付をお預かりしました。松江市を通じて確実に被災地へお届けします。ありがとうございました。

2024年02月19日

『震災を考える』お話とミニコンサート

僕の地元、松江市 朝日ヶ丘会館にて緊急開催した『震災を考える』お話しとミニコンサート、たくさんの方々にご来場頂きました(幼なじみも来てくれました�!!))。まだ雪の残る寒い中、ホントにありがとうございました。


能登半島大地震 被災地への募金¥23,057 確かにお預かりしました。松江市を通じて被災地へお送りいたします。


地元のご近所さんに、僕の被災体験、復興支援活動の話、仮設住宅でのコンサートで使用した楽器での演奏を聞いて頂く機会を作って下さった朝日ヶ丘自治会の皆様にも心から感謝いたします。


また、来月半ばから松江市内の公民館7ヶ所で『震災について考えるお話しと復興支援のためのチャリティコンサート』を開催します。自分の体験してきたことを、『自分の言葉』で伝えていきたいと思っています。そして、それが被災地への支援につながるような活動にしていきたいとも考えています。


僕が今、生きて音楽を続けていられるのは、阪神淡路大震災で被災したとき、手を差しのべてくれた人がいたからです。

 

2024年01月28日

Eテレ クラシック音楽館!!

おはようございます。NHK Eテレ『クラシック音楽館』を観て下さった方々から、ホントにたくさんのお祝いメールや感想、SNSへのコメントやメッセージを頂戴しました。とても嬉しかったです。ありがとうございました。

実は僕自身、放送される前からそわそわドキドキしてましたが、バルトーク、そして阪田知樹さんのリスト、マエストロ マダラシュ氏の指揮の表情を観てたら、本番のワクワク感を思い出し、コダーイが始まった時にはすっかりハンガリーモードになっておりました。すごく生き生きしたハーリヤーノシュだったように感じました。それとマダラシュ氏の「ハンガリー語とメロディのリズムへのこだわり」「テンポと音楽の奔放さ」、それを完璧に表現してるN響さんは凄いです。流石としか言いようがないです。

今回、こんなに素晴らしい経験をさせて下さったNHK交響楽団さん、マエストロ マダラシュ氏、たくさんのスタッフさん、応援して下さった皆様に改めて感謝しています。ありがとうございました。

2024年01月22日
» 続きを読む